ここ最近、サルでは新しいチームを作るために採用活動を行なっています。

そこで、20代の求職者の方と面接をする機会が多いです。

こちらの質問に対して、質問の意図を汲み取り返事をしてくれる方がいます。

やはり営業経験をしている人に多いです。
用意して来た話を言う事よりも面接がライブになりやすいです。                                                                           

そういう人は、営業先でもお客さんの意図を汲み取ることに一生懸命なれる人だろうなと思います。

私は、新卒の頃から営業職で働いていました。

昔は、マーケ担当や商品開発に憧れました。

営業をしている自分の事を、数字を追うばかりで価値が低いのではないか?
と考えた事が何度もあります。

                                                                                                                                                                                                                   
ただ、起業してからよく思いますが、
営業職をやっていて本当に良かったと思う事がたくさんあります。
厳しく接してくれた先輩方に感謝が尽きないです。

                                                                                              
例えば、
・「結論から話しなさい!」
 結論から話さないと聞いてくれない。

                                                                     
・目標数字までかなり乖離があるのに、期限ギリギリまで
 アイデアを出し行動する事を
 諦めさせてくれなかった。
 その結果、信じられないことに達成する事ができた。                                     
                                                                    

・目標までのギャップをまずは正確に出し
 ギャップを埋めるアイデアを出すことに集中する。
 毎日、実行とその変化を確認する。
 そしてまたアイデアを出す。                                                
                                                                          
例えば、この3点だけでも、なんとか今まで生き残れた重要なポイントと思います。                        

                                                                    

営業職をやっている方で、自分の価値が低いと感じ

このままではいけない、

プラスアルファのスキルを学ばなければならない

資格を学びスキルアップをしたい

と焦っている方がいますが、

まずは、今の自分の価値を再度見直してみてください。
                                                                             

自分が培って来た営業のスキルを棚卸しして
価値の再確認をする
次に身につけるスキルを考える。                                             

                                                                     
営業スキル×〇〇スキル=今後お客さんが求めるであろう価値(希少価値が高いもの)

を考えてみましょう。

希少価値を軸に考えれば、足し算ではなく、掛け算になりそうな事が想像しやすいと思います。

営業には、商売をやる上で、重要な要素がたくさん詰まっています。

最も重要な要素の1つは、
仕事をお客様から頂く事の大変さを知ると言う事です。

                                                                    
そして、自分たちの給料は、お客様のお財布から頂いているという事。

                                                                    
最後に、お客様からお金を頂けるのは、お客様の問題を解決する事ができるからだ、と言う事です。

                                                                                                                                     
これは、綺麗事ではなく、ずっと変わらない現実だと言う事を実感できたら
今やっている営業活動に大きな価値がある事が解るのではないでしょうか。  

                                                                                                                                    
その上で、サルをステップアップに活用してもらえればとても嬉しいです。

ページトップへ

皆さん

明けましておめでとうございます。

今年は私が起業してから10年になります。

サルも10期目を迎えます。

そして、スマホが登場してからも10年。

サルを立ち上げたばかりで、
iPhoneに興奮していた事を昨日のことのように思い出します。

今日の日経産業新聞に掲載されていましたが
スマホが登場したことによって、急激に縮小した市場と伸びた市場がありますね。

https://goo.gl/ReItVV

まさか、当時はここまで縮小するとは思いもしなかったものが多くあります。

私たちや私たちの子供達が生きていくこれからは、
このスピードがもっと早くなります。

厳しい現実ですが、その分、チャンスとスリルがあります。

それを実感できる毎日を過ごせる事がとても有り難いと思います。

本年も宜しくお願い致します。

魚住

ページトップへ

7月7日 8周年です。

Category: 未分類 - Posted by taku_uozumi at 2016/07/12

7月7日でサルは8周年を迎えました!

先週末、サル東京メンバーは初島で運動会をし、
久々に皆で体を動かしました。

ちょうど3年前からミッション、ビジョンを掲げて今日に至りますが、
掲げてからはまあ大変でした。

それまでは、プレイヤーとして動いて勢いでやってましたが、
経営を意識してからというものほんと失敗ばかり。。

血尿も出たし、マネジメントの失敗から大事な仲間も去って行きました。
45人になっては10人ぐらいがやめていき、また45人になっては10人ぐらいがやめていきと、、

人を通して業績を上げていく事
マネージャー、リーダーの育成、採用
がとにかく難しかったです。
(これからも重要)

それも、ここ1年ほどは、数名のリーダーを中心に
ミッション、ビジョンの浸透や
課題解決が主体的に進む状況になり、
有難い事に売上/利益の平準化も出来ました。
1年を計画的に進める土台がやっとできました。

私は、短期的な課題ではなく、
ほとんどの時間を中長期的な課題と新規事業に
取り組む事ができるようになりました。

これは、ほんとーーーに有難い。

たった数名のリーダーが主体的に動くだけでここまで、
違うのかとびっくりしました。
これまでのサルの常識はどんどん覆されています。

有難う!

そのリーダー達のスイッチは、
いくつかの機会がありましたが、
一番は、お客様やパートナーの方々との出会いでした。

社内で井の中の蛙にならず、
主体的に外にでて刺激を受け入れ、
厳しい意見や認められる機会を頂けた事が
スイッチだったと思います。

険しい道のりですが、
お客様、パートナーの方々が乗り越える力を下さいました。
心より御礼申し上げます。

サルのメンバーはこれからも進化します!

ページトップへ

7/7で7周年でした。

Category: 未分類 - Posted by taku_uozumi at 2015/07/09

7/7で7周年を迎えたサルの設立記念イベント。

沖縄恩納村でBBQです。

嵐で飛行機がだいぶ揺れましたが、奇跡的に昼間は晴れ、夕方BBQのタイミングでは嵐、からの晴れ。
何日もいたような変化を味わいました。

7期は、制作ラインを整えたり、リーダー研修に力を入れたりと組織を作ることに力を入れてきました。

そうしたことで、出来たこと、出来なかった事があり、今後はやらない事が見えました。

組織作りは何のためにやっているかというと、巡ってきたチャンスを最大限活かすためです。

社員一同がサービスを利用してくれるお客様の事を考え、もっと満足してもらえるにはどうしたらいいか?それを考え、すぐ実行に移しやすくするためです。

お客様が満足してくれた事のフィードバックが社員のやりがいを高め成長していく。

その準備のためなのですが、時々組織作りが目的化してしまう事態に陥って、チャンスが来てるのに活かせない、そのチャンスにフルコミット出来ない状態を生んでしまっていました。

7期の後半は、その整理が正直とても大変でした。やらない事、やるべき事を整理できた状態でこの日を迎えられた事を嬉しく思います。

8期はチャンスを最大限に活かすチームでいきます。

関係各者の皆様、今期もどうぞ宜しくお願いいたします。

ページトップへ

 弊社のサービスは大きく3つ
                                                                 
 ・メディア収益アップのための広告開発、運営をレベニューシェアで提供

 ・コンテンツマーケティングの企画開発から運営

 ・スマホのUI/UXの設計、開発

   
                                               
どれも成果にコミットします。

メディア収益アップに関しては、顧客から一つの事業を預かり創り上げるという事で
パートナーシップをとらせて頂いております。    
                                          

大手ブログメディア様やゲーム系メディア様など、
収益アップを狙うのであれば多くの施策が存在します。

 ◎純広告
 ・枠開発
 ・タイアップ
 ・ジャック
 ・メール広告
 ・企画モノ
 など、営業部隊をしっかりと構築できれば利益額が高いのがメリットです。
  
 ◎広告運用系
 ・アドネットワーク
 ・サイト内検索連動
 ・リワード

 その他、課金モデルやEC、アプリ化などなどやれる事はとても多いです。
 
 ただし、そもそものメディア価値を高める仕事に加え、
上記を全てまかなうことは並大抵の事ではありません。

私達は、複数社あるリワード会社が提供する広告をメディアに
あったものを選び最適化をお手伝いしたりスマホユーザーにとってストレスを無くし、
かつ効果的な広告枠を開発するなど行っております。        
                                 

弊社のスタンスは、自らリスクを取り、リターンを分かち合う事でパートナーシップを築きます。
                       

 その内の一つの試みとしましては、自らアプリをリリースし、
その中における広告収益を高め、ノウハウを蓄積する事です。 
                                  

 そういった意図でリリースしているアプリが下記になります。
(11月中にもう2つリリースする予定です。)

 アプリの質としては、まだまだ改善の余地がありますが、
トライしてみるといろいろな事がわかります。 
                  

 今度、そこから解った事を記載していきたいと思います。

ブラック企業育成アプリ:夢と希望の社畜養殖

 

就活生育成アプリ:就活!就活なんて楽勝でしょう!

ページトップへ

2014年10月31日

サルの第7期、上半期最終日を無事むかえる事ができました。
関係者の皆様、誠に有り難うございます。
                                                                         
ここ数年、上期はかなり苦戦をし、下期に盛り上がる弊社の業績が、
今年は、業績の平準化を狙い戦略を実行していたところ、
過去最高の利益をだすことができました。
                                                                         
・リーダーの定義決めからリーダーの育成を具体的に実施
                                    
・成果をだすためのwebマーケティング研修を毎週朝2回
                        
・理念、ミッション、ビジョンの浸透運動
・メディア様の収益アップ事業において成果報酬モデルの売上げアップ
 (工数ビジネス以外での価値を生み出す)
・コンテンツマーケティングの支援サービスによる成果実績が増えた事
・UI/UX設計サービスでの成果実績が増えた事
などが業績につながっているのだと思います。
                                                                           
なによりも、各メンバーが生き残る人間、生き残る会社について真剣に考えだした事により、自走する組織になり始めた事がとても嬉しいです。
                                      
方向性を変え、やらないことを決め、多くの不安があったと思いますが、行動が業績結果となって現れてほんとによかったです。
                                        
下期の課題も明確にして迎えることができたので、今期は新たな成長曲線をつくる大事な期として気を引き締めて参ります。
                                        
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ページトップへ

今年は、沖縄と東京べつべつに実施しました。

サルがあることで出会ったメンバーとその家族でお祝いをします。

東京は南伊豆でBBQや釣り、真夜中のビーチフラッグ
沖縄は宜野座のペンションで、料理対決など

出会いに感謝。

沖縄〜

東京〜

ページトップへ

サルは上海にて、日本語を話せる中国人に特化した転職サイト、転職サービスを展開しています。

その営業会社としてgenius(ジーニアス/人財)という会社名の子会社を経営しています。

その会社の一周年記念祝いという事で、日本から上海へリーダー陣とともに行きました。

上海にいった日本人メンバーの3人には、もう日本のサルに戻ってくる事はないという覚悟で挑んでもらっていますが、やはり文化も言葉も習慣も違う土地において事業を展開するのは難しいです。

政治的な問題もあれば、衛生面でも気をつけなければならない。

そして、やはり異文化のメンバーと仕事を進めることは想像以上に大変です。

今では、毎月面接を含め300名の転職者を集めることに成功する仕組みを作ることができました。

日本のメンバーからのサプライズプレゼントと私を含めた役員陣からの動画絵本をプレゼント。

成功するまで日本には戻らないぞと言って、一年間。
事業自体はこれからですが、よくやった。

将来的には、日本と中国をつなぐ事業に展開させるべくサルのメンバーは進化を続けます。

YouTube Preview Image

ページトップへ

魚住です。
from五反田のカフェ集

5月よりサルは7期に入りました。

前回のブログ更新時には、正直、最低限あげなければならない収益を超せるのかどうかが心配でした。
6期の上期では売上げも減り、下期に入っても中々上昇せず、正直辛かったです。
途中で、メンバーから売上げ目標の意味がそもそもないんじゃないか、という声がでるくらいずっと
目標未達成の月が続きました。

結果、最低限の収益はしっかりと超すことができ、前期より115%成長という結果となりました。
グラフをみると見事なV字回復ですw

目標達成率で言うと99.5%というある意味残念な結果ではありましたが、
6期最後まで頑張ってくれたメンバーの事を誇りに思います。

そのポイントは

・5期末のタイミングと比較して、6期末時点では、10人ほど働くメンバーが減っている中での115%成長
 
・6期の途中からビジョンを掲げて、制作工場から脱し、成果をあげるwebマーケティングを提供する事を徹底するよう意識改革してきましたが、成果を上げてのリピートプロジェクトが続出

・ビジョンを意識した自主的な動きが増えてきた

です。

6期は、サル始まって以来、人が多く辞めました。
全部で9名です。

上海に出稼ぎに行っているメンバーが3名いますので、日本のメンバーが12名いなくなったという事になります。

40名そこそこの会社にしては大きな変化です。

特に、創業期から参画してくれていた古株メンバーが数名辞めた事は変化の象徴だと思います。

細かな事を上げれば色々ありますが、俯瞰してみると、こういう事だと認識しています。

それまで、サルはカッコいいモノをつくりたい制作集団だったところから、
クライアントプロジェクトや自社サービスにおいて成果を創り上げるプロ集団になろう

という変化を納得して進むことを決めたか、
納得しなかったか

です。

6期は、社外経営者を顧問として迎え、強引に変化を進めたところがあります。

以前は、徹夜続きでも、仕事を一人で抱え続けるマネージャー
チームで仕事を進めるための仕組み作りを始めから諦めるマネージャー
などなど、一人でできる人だからこそ陥ってしまう悪循環がよく見られました。

10人前後の時は、それがすごい力となります。
ただ、30人を超す辺りから、無理がきます。ガタガタと崩れます。
なぜか、会社にこなくなり、家で仕事をするようになります。
そうでもしないと、仕事が回らないという事を言い始めます。

この問題にふたをして、人を増やし、とにかく売上げを上げ続けるか迷いましたが、
次にくる10億の壁を余裕をもって超すために、売上げ成長よりも社内の仕組み化を推進する
事に注力した6期でした。

(そもそも、単なる制作会社では、先は無いので迷ってもいられないのですが、、)

先輩経営者の方々と色々話しをさせてもらう中で、どこも経験されていましたが
ビジョン経営に踏み切ると絶対反対する人が現れる、それがコアメンバーという事は良くある。
そして辞めていく、初めは辛いことだが、結果的に、その管理下にあったメンバーの力が伸びて、
成長するよ。

まだまだ道半ばですが、その通りの状況が既に生まれています。

・仕組み化
・webマーケティングで成果を出すための教育、時間作り
・リーダー&マネージャーの育成
・クライアント価値の高い、レバレッジが効く商品作り
・自社サービスのトライ&成長と既存事業とのシナジー

6期では、どれもまだ4割程度の進捗状況です。
7期上半期には一通りやりきります。

最後に、サルの理念、ミッション、ビジョンについて。

●サルは、なぜ存在するのか?

わがままに生きる人をつくる、ためです。

詳細はこちら
http://sal.ne.jp/company/index.html

●サルがやるべきことは?

beyond the www

視線は常にwwwの向こう側へ。
インターネットを活用する人の事を真剣に考えて
関わる人の笑顔のために
今までに無かった新しいムーブメントをつくります。

クライアントには「確かな成果」を、生活者には「リアルなよろこび」を届けること。
SALはその実現のため、いつでも、明確に“もの申す”ことを信条としています。

●サルの目指す姿は?

 PCやスマホ、マルチデバイス上で成果をだすUI設計、コンテンツマーケティングを提供する
 アジア随一のクリエイティブエージェンシー

関係する全ての方々へ

働くメンバーの人生にとって価値ある会社となることはもちろんのこと
関わるお客様に対してより高い価値を提供する人間の集団として成長して参りますので
今後とも何卒宜しくお願い致します。

ページトップへ

6期も残りわずか。

Category: 未分類 - Posted by taku_uozumi at 2014/03/05

魚住です。
from恵比寿オフィス。

※ブログ更新がだいぶ滞ってしまっていました(汗

今期も残り2ヶ月を切りました。

今サルはものすごく忙しい時期です。

年度末に仕事が集中していくサイクルも、通年を通して平均化していく事が大事なのですが、そういった取り組みも成果を見せ始めてきた状況です。

サルは現在6期目で、今年の5月から7期目に入ります。

4期と5期を比べると168%の売上げ成長となりましたが、5期と6期を比べると売上げ成長率はぐっと低くなります。

色々な意味で乗り越えるべき壁がありました。

6期のテーマは、ビジョン経営への転換です。
ビジョンを明確にし、ビジョンを実現するために何が必要か?ということから戦略、組織、マネジメント、キャリアプラン、ワークフローを整えるという事を行ってきました。まだ途中ですが、やっと終わりが見えてきました。今期中には。

この仕事、禅問答のような事を一年間ずっとやり続けるのですが、これがめちゃめちゃ大変。
経営者としては当然やるべき仕事だという事がよく分かりましたが、
僕に言いにくいことを言い、諭してくれた先輩と、頑固な相棒二村、そして、素直で寂しがり屋、かつ忍耐強さを兼ね添えたメンバーがいなければ向き合い続ける事ができなかったと思います。

ビジョンを明確にして、それに舵を切ると、それに賛同するメンバーと合わなくなっていくメンバーがでてきます。
それはそれで辛い事があるのですが、それでも舵を切り、船を出航させます。

今までのやり方では、次のステージに行かないという事を痛みと共に理解させてもらい、ではどうしよう?からの出発です。

離岸した岸は見えなくなり、次の岸もまだ見えてこない。

ここが面白い時期なのですが、当然、ワクワクする人と、そうでない人はでてきます。

僕個人の性格は、この次を目指して進むぞーという状態が好きで、ワクワクし通しです。
個人でやってる分にはそれでいいのですが、一緒の船に乗ったメンバー全員が、次の岸にたどり着く意志を持たなければたどりつかない場所です。

もちろん、それぞれのメンバーが人生でやりたい事は別々です。

ただ、重なり合う部分が明確にある事が必要です。

今は、そこを改めて明確にして、力強く航海を続けていくところです。

僕が、完全に離岸したタイミングを思い出しました。
去年の7月7日、サルの設立記念日です。

去年なのに2個前の記事にアップされていますが、その時二村と作った動画には、
それまで一緒にいてくれたメンバーへの感謝とこれからの航海を突き進む決意が
込められています。

去年の7月と比べて、中国事業も日本の事業も色々変わってきました。

大変だけど、すごく面白いなあ。

サルの皆へ。

今期は、会社作りと仕事の両面を追った年だったので本当に大変だったと思います。
まだそれは続きますが、残り二ヶ月目標を達成できたらそれは次の岸がみえてきた証拠。

頑張ろう。

ページトップへ